文章

2/3ページ

主語と述語を近づける、それだけで文章が確実に上手になる

さまざまな、理解できる文章作成のティップスを紹介してきました。その中でも決定版ともいえる方法がこれ。主語と述語を近づける文章法です。読みにくい、理解しにくい(まったくできない)文章の大半は、主語と述語の関係が不明確になっています。主語と述語 […]

伝わる文章を書くためには、日本語の乱れを嘆くよりも変化を許容する

若者言葉の4分類と日本語の変化について書いた記事があります。日本語が変化した理由は、若者が使い方を変えたことだけではないけど、考察としては面白いという意見をいただきました。気を良くしたわけではありませんが、本稿でも日本語の変化について書いて […]

「ら」抜き言葉は日本語の乱れ? マンガ肉から正当性を確認しました

日本語は変化するものであり、乱れていると嘆くことではない ライターという仕事をしていると、正しい日本語を扱える人物だと思われることが多いです。できればそうありたいと思っているものの、はて、正しい日本語ってなんだろう? と疑問を持つこともしば […]

ライティングを甘く見てはいけない3つの理由、プロに依頼するメリット

誰もがSNSやブログなどを利用すれば、簡単に情報発信できるようになった昨今。自分が投稿した文章に「いいね!」や、「おもしろかった!」「文章上手だね」といったコメントが付くと、つい自分って文章作成のセンスがあるのでは? と思ってしまいますよね […]

「キャッチコピーなら自分で」は間違い! コピーライターの存在

新たに商品やサービスを開発したら、いよいよ販売。でも、いきなり店頭にポンと陳列したところで、よほど特徴のある商品でなければ購入されることはありません。新聞やTV、WEBなどでの広告や店頭での販売促進を行なわなければ、消費者は新商品(サービス […]

文章力を上げる方法は、写経の一択だとライターに勧める理由と使い方

自分自身を恥じています。なんと、4月はブログ記事をひとつしか公開していないのです。継続は力なりという誰が言ったかわからないけど、とっても納得できる名言があります。継続できなかった。いやいや、言い訳ではないですが、別に毎日書くとか月に2本以上 […]

修飾の順番を正しくすれば、理解できる文章に早変わり

理解に苦しむ文章の原因として、わたしが一番に思い浮かべることがあります。複数の修飾語がある場合で、修飾する順番がばらばらになっているケースです。文章が下手くそな人は、だいたい、もう66.7%くらいの確率で、修飾語の順番がめちゃくちゃだと思っ […]

ライティングの仕事、誰に依頼する? 素人とプロの違いはここにある

WEBコンテンツや会社パンフレットを作成するときに、必要になるのが文章力。「日本語なら書ける!」と自分で書こうとしても、読みやすく、かつ相手に伝わる文章を作成するのは意外と難しいもの。特に、伝えたいことが多ければ多いほど、文章にまとめるのは […]

共感されない、笑ってる文章は、ライターの恥

笑える文章ではなくって、笑ってる文章を書いて、堂に入ってるライターさんや記事を目にしたことがありますよね。個人的な見解で恐縮ですが(個人的なブログですから)、笑ってる文章を書いてしまうのって、ライターとして三流以下であることを宣言しているよ […]

ですます調・だである調、敬体と常体の使い分けと正しいルール

ライターとして文章を書いている人であれば、「〜です/〜ます」「〜だ/〜である」の文体について悩んだことがあるかもしれません。かく言うわたしも、指定も前例もない媒体を担当するときに、どちらで書くか迷うことがあります。 正式には、「〜です/〜ま […]