CATEGORY writing

ライターの皆さんに役立てていただける、writingに関する記事はコチラからどうぞ。文章の書き方や考え方についての、tipsを中心に書いています。上手な文章を書きたいという向上心のあるライターさんに向けて、文章テクニックを公開中です。

複数の修飾語は、長い方を前、文字数が多い方を先に記載する

修飾語の順番について、数回に分けて記事を投稿してきました。本稿では、“修飾語の順番は長いが先”について書いてみます。ちなみに過去に書いた修飾関係の記事に『修飾の順番を正しくすれば、理解できる文章に早変わり』と『修飾語と被修飾語を近づけるだけ […]

修飾語と被修飾語を近づけるだけで、意味のわかる文になる

以前に、理解される文章のティップスとして、修飾の順番に気をつけましょうという記事を書きました。該当記事は前段、頭出し程度で留めていたので、そろそろ本番に入ろうと思ったのですが、その前にもっと簡単なお話をひとつ。修飾語と被修飾語の距離について […]

ライターに依頼するなら、押さえておくべき8つの基本中の基本

お仕事をいただく立場の僕がこんなことをいうと、クライアントから干されてしまうかもしれません。でも伝えてしまいたい、声を大にして言ってしまいたいことがあります。ライティングの依頼をくださるのであれば、絶対に決めておいて欲しいことがあるんです。 […]

独自ルールは許される? 言葉遣い、表記ルールは何に従うのが正解か

最初にタイトルを、『読み間違えないために言葉づかいにこだわろう』としていたのですが、「ああそうだ。これは理解できる文章のためのブログだ」と思い出しました。よって『こだわろう』という安易な言葉遣いはいけないな、と思ったのです。そもそも『こだわ […]

主語と述語を近づける、それだけで文章が確実に上手になる

さまざまな、理解できる文章作成のティップスを紹介してきました。その中でも決定版ともいえる方法がこれ。主語と述語を近づける文章法です。読みにくい、理解しにくい(まったくできない)文章の大半は、主語と述語の関係が不明確になっています。主語と述語 […]

伝わる文章を書くためには、日本語の乱れを嘆くよりも変化を許容する

若者言葉の4分類と日本語の変化について書いた記事があります。日本語が変化した理由は、若者が使い方を変えたことだけではないけど、考察としては面白いという意見をいただきました。気を良くしたわけではありませんが、本稿でも日本語の変化について書いて […]

ライターが抑えておきたい、若者言葉の4分類と日本語の進化の歴史

ら抜き言葉を例にして、日本語は乱れるのではなくて変化しているという記事を書きました。本稿では別の例で、日本語の変化について考察していきます。 若者言葉を中心に、日本語の変化をたどる 日本語は、世界でも有数の美しい言葉なんじゃないかと思ってい […]

カメラマンに写真撮影を依頼するなら、絶対に抑えるべき9個のポイント

ライターの良きパートナーである、カメラマン(男女雇用機会均等法の観点で、フォトグラファーも併記しておくと安心)に仕事を頼むとき、僕らが知っておきたい要件定義についてご紹介します。 プロのフォトグラファー・カメラマンに仕事を頼む時の注意点 ラ […]

「ら」抜き言葉は日本語の乱れ? マンガ肉から正当性を確認しました

日本語は変化するものであり、乱れていると嘆くことではない ライターという仕事をしていると、正しい日本語を扱える人物だと思われることが多いです。できればそうありたいと思っているものの、はて、正しい日本語ってなんだろう? と疑問を持つこともしば […]

コピーライターなんてヤクザな仕事だけど、やっぱり必要な理由がある

文章作成のプロといったら、記者や編集者もいますが、やっぱり花形はコピーライターじゃないかと思うのですがいかがでしょうか。コピーライターの仕事って、間違った認識としては、「面白おかしい短い文章をつくる人」かと思います。 1行程度の短文ならば、 […]

1 4