11/12ページ

11/12ページ

共感されない、笑ってる文章は、ライターの恥

笑える文章ではなくって、笑ってる文章を書いて、堂に入ってるライターさんや記事を目にしたことがありますよね。個人的な見解で恐縮ですが(個人的なブログですから)、笑ってる文章を書いてしまうのって、ライターとして三流以下であることを宣言しているよ […]

ですます調・だである調、敬体と常体の使い分けと正しいルール

ライターとして文章を書いている人であれば、「〜です/〜ます」「〜だ/〜である」の文体について悩んだことがあるかもしれません。かく言うわたしも、指定も前例もない媒体を担当するときに、どちらで書くか迷うことがあります。 正式には、「〜です/〜ま […]

名コピーライター鈴木康之さんから学んだ、人を動かすライティング術

言葉はときに、驚くべき力を持つ あなたはどんな理由で、ライターの道を選んだのでしょうか。もしくは、これからライターになろうと考えているのでしょうか。稼げそうだから? 日本語で文章を書くならできそうだから? なんだかカッコイイ響きだから? そ […]

視覚に訴える、効果のあるインフォグラフィックの作成・依頼方法

新しいデザインのトレンドとして、様々なWebサイトで取り入れられ始めたインフォグラフィック。視覚的に訴える新しいデザインであり、情報の伝達スピードが早いというメリットがあります。 デザイン分野において難易度の高いインフォグラフィックは、誰に […]

言葉の事業仕分けで、読める&理解される|文章ダイエット2

上手な文章を書く、文章ダイエット術の第二弾です。前稿では、「一文に情報を詰め込みすぎない」ことでの文章ダイエット術をご紹介しました。本稿で書いていくテクニックは、「不要な言葉・単語を削除する」ことでのダイエット術です。 必要な単語と不要な単 […]

ライターが心に刻みたい、言葉は他人の物になるという事実

コミュニケーションは、受け手が決める これはわたしが、コピーライター駆け出し時代に教わった言葉です。誰かに言われたのか、もしかしたら何かで読んだのかもしれませんし、なんとなく自作の記憶もあります。 いずれにせよ、他人とのコミュニケーションに […]

100名のライターを採用して分かった、センス・文章力よりも必要なスキル

一億総ライター時代、突入? インハウスのコピーライター・ライターとして働き続けていると、新入社員や中途社員の面接を任せてもらうことがあるんですね。ライターとしてバリバリのキャリアを持っている人もいますが、新卒はもちろん、中途入社でも未経験か […]

読める文章の鉄則は、理解できる情報量|文章ダイエット1

読める文章のためには、「一文一義」が大切という記事を書きました。本稿ではその理由と、一文を短くするテクニックについてご紹介します。ダラダラと長くなった文章を、すっきり短くすることで、読める文章になる方法とは? 一文の量は、情報量と理解度のト […]

初心者が実践した、確定申告のやり方・基本・得する方法

フリーランスや副業・パラレルワーカーの皆さんにとって、面倒な事務処理の季節がやってきました。毎年2月にやってくる一大イベント、確定申告の時期です。わたしもインハウスのエディター・ライター&雑務を務める傍ら、副業で記事を書いています。 そこで […]

文章力を身に付けたいのなら、お茶くみよりコピーを学べ

ライターがコピーを学ぶ意義 お茶くみじゃなくって、コピーを学ぶことは、ライターとしての価値を高めることになると考えています。コピーライターが紡ぎ出すアウトプットの真骨頂は、短い文章でありながら、読み手の心をぎゅにんっと鷲掴みにするところ。魔 […]

1 11 12