タグ:ライティング

1/3ページ

ライターが抑えておきたい、若者言葉の4分類と日本語の進化の歴史

ら抜き言葉を例にして、日本語は乱れるのではなくて変化しているという記事を書きました。本稿では別の例で、日本語の変化について考察していきます。 若者言葉を中心に、日本語の変化をたどる 日本語は、世界でも有数の美しい言葉なんじゃないかと思ってい […]

ベーシックインカムならぬベーシックワークで、ライターの仕事保証

クラウドソーシングのランサーズが発表した「月10万円の仕事を保証する制度」について、ライター界隈の人が少し反応していました。フリーライターに対して、ランサーズが毎月一定の仕事を保証するとか。営業活動をせずとも仕事がもらえるなら、それは美味し […]

「ら」抜き言葉は日本語の乱れ? マンガ肉から正当性を確認しました

日本語は変化するものであり、乱れていると嘆くことではない ライターという仕事をしていると、正しい日本語を扱える人物だと思われることが多いです。できればそうありたいと思っているものの、はて、正しい日本語ってなんだろう? と疑問を持つこともしば […]

コピーライターなんてヤクザな仕事だけど、やっぱり必要な理由がある

文章作成のプロといったら、記者や編集者もいますが、やっぱり花形はコピーライターじゃないかと思うのですがいかがでしょうか。コピーライターの仕事って、間違った認識としては、「面白おかしい短い文章をつくる人」かと思います。 1行程度の短文ならば、 […]

ライターとして生きるなら、誇れる仕事・大きな仕事にチャレンジしよう

ライターに限った話ではありませんが、仕事をするなら、人に自慢したくなるような、大きな何かを成し遂げたいと思いますよね。田端信太郎さんが上梓したばかりの書籍『ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言』を読んで、改めて思い知らされました。職種に関 […]

中止法はリズムを良くするも、一文が長くなるので使いすぎで破滅する

上手な文章を書く、文章ダイエット術の第六弾です。シリーズで一貫してお伝えしているのは、一文が長いと理解しにくい文章になるということ。本稿で紹介するのは、中止法の使いすぎによる文章への影響です。 第一弾〜第五弾を未読の方や読み直したいと思って […]

サラリーマンは知っておくべき、副業・複業・パラレルワークの始め方

空前絶後の副業ブーーーム! なわけですが、流行に便乗して副業について語る「副業シリーズ」第四弾では、副業や複業の始め方について解説してみました。ライターを副業にして副収入を得る人が増えているようです。自分も副業ライターに挑戦しようと思ったら […]

修飾の順番を正しくすれば、理解できる文章に早変わり

理解に苦しむ文章の原因として、わたしが一番に思い浮かべることがあります。複数の修飾語がある場合で、修飾する順番がばらばらになっているケースです。文章が下手くそな人は、だいたい、もう66.7%くらいの確率で、修飾語の順番がめちゃくちゃだと思っ […]

文章が長くなる理由は、接続助詞の間違った使い方にある

上手な文章を書く、文章ダイエット術の第五弾です。上手な文章とは、何も作家先生のような芸術的な文章ではありませんし、SNSでバズって閲覧数が爆増する文章でもありません。読み手にストレスを与えない、読んでもらえる、理解してもらえる文章を指してい […]

1 3